こだわりの詰まったオーダースーツ

スーツのオーダーについて詳しく解説!

このサイトでは、日本人がオーダースーツを買うならやっぱり国産が良いのかどうかを解説しています。判断するための重要なポイントもまとめており、メイドインジャパンの良さも紹介します。
今は海外ブランド産もデザイン性からも人気になっており、日本人の体にも最適なスーツも多くなっています。ただ本来、外国人と日本人とでは体が相違するのは事実で、海外産だとどのようにスーツを選択すれば良いのか迷ってしまうことも多くなります。
そのため選びやすさや良品質であること、安心感からも選ばれることも多いです。

日本人がオーダースーツを買うならやっぱり国産?

日本人がオーダースーツを買うならやっぱり国産?重要なポイントまとめ オーダースーツは国産のみならず、海外産のインポートタイプも販売され、愛好家も増えています。
ただ生地の品質の良さや馴染み深い点からもオーダースーツを選ぶべきなら国産が良いという意見もあります。
日本の繊維産業のレベルが高く、着こなす上でも優れ、しかもいつまでもほつれずに着続けることができる点でも良かったりします。もちろん値段に関しても国産のオーダースーツの方が格安で手に入れることもでき、また扱っている販売店も多いのが特徴的です。
オーダースーツは実際に制作を行う場合の相談のしやすさがカギになりますが、また販売してからのアフターフォローも検討すべきです。
以上のことから品質の良さや制作のしやすさなど総合的に見て、オーダースーツを注文すると良いかもしれません。

インポート生地のオーダースーツの主な特徴

インポート生地のオーダースーツの主な特徴 近年、インポート生地を使用してオーダースーツを作るケースが増えています。これは簡単に言うと輸入生地のことですが、同じような色でも産地によって全くの別物になりますので、好みの生地を見つけてオーダーしましょう。
主な産地として、イギリスは一般的に糸が密に織り込まれていて硬く張りが強いものが多いようです。しなやかで滑らかな生地が良い場合にはイタリアのものが良く、発色にも差があります。
イタリアのファッションを見ても分かりますが、色鮮やかなものが多くて、オーダースーツの中でも少し派手目に仕上げたい時に重宝されます。それに対し、イギリス生地はくすんだ発色が多くなっていて、落ち着いた色合いです。このような差がありますので、オーダースーツを作る時には好みに合わせて選ぶことがとても大切です。
実際の触り心地もしっかりと確認し、同じスタイルのものを複数の素材で作る人もいます。そうすることで、一見すると全く同じスタイルなのに、着用した時の雰囲気や着心地は大きく変わります。
優れた品質を求めるのなら、日本製の生地でもインポートものでも、ある程度の値段がすると考えるのが無難です。高額な生地にはそれなりの理由があり、高級インポート生地でオーダースーツを作ると、着心地も良くなります。

オーダースーツを身につけて印象アップを狙おう

スーツはそれほど形に大きな違いがなく、どれを身につけても同じだと考える方も多いのではないでしょうか。しかし、シンプルであまり変化のない形だからこそ、自分にぴったり合っているかどうかによって見え方が変わってきます。
人の体はみんな同じではなく、微妙な違いがあるものです。一見同じサイズに見えても細かいところで変わってきます。そのため、なんとなくだぶつく部分やきつそうに見える部分が出てきて、見た目が良くない状態になってしまいがちなのです。既製品ではどうしてもこうした問題が起きやすくなります。
そこで利用したいのがオーダースーツです。自分の体の寸法に合わせて作ったものならぴったり合いますから、すっきりとした印象になります。
身につけているものや全体の見た目は第一印象を左右し、仕事などの成否にかかわってくることがあります。よりよく自分を見せたいときにはオーダースーツを作ってみることも検討していきましょう。

オーダースーツはイメージに合わせて作ることが出来ます。

オーダースーツの専門店では豊富な素材や柄、カラーの布地が揃っているので、イメージ通りに仕上げることが出来るのが魅力です。
春から夏の掛けての時期、秋冬に着用する場合では使用する素材が違ってきます。
口コミで人気の高いオーダースーツ専門店では、豊富な知識や経験を持ったスタッフが担当するので、まずは自分の希望を伝えると良いでしょう。
オーダースーツの専門店ではボタンや布地なども豊富なデザインや種類があるので、じっくりと時間を掛けて選ぶことが出来ます。
体のサイズをきちんと測定することが出来るので、自分のサイズにぴったりのスーツを作ることが可能です。
オーダースーツ専門店では、イメージに合った仕上がりにするために時間を掛けて縫製をしてくれます。
耐久性や防汚性、防臭性に優れた素材を取り扱っているので、一年間を通して快適に着用出来るのが魅力です。
既製品のスーツでは気に入った商品が少ない場合は、専門店のスタッフに相談をして下さい。

フルオーダーでオーダースーツを作るにはどうすれば良いのか

既成品では、自分の気に入った物が見つからなかった場合、スーツを特注するという選択肢があります。オーダースーツはフルオーダーとセミオーダーがありますが、完全にオリジナルのスーツを入手したいのであれば、フルオーダーで作るのが一番良い方法です。
オーダースーツは、どこで作れば良いのでしょうか。
オーダー専門の店であれば、多くの実績から培われた仕立ての良さと適切な対応をしてもらえるので、サービスの利用者はスーツの仕上がりに納得するでしょう。既成品も販売している店でも、オーダースーツのサービスを利用する事が可能です。
但し、セミオーダーのメニューを用意している事が多く、完全に特注で作ってもらえるサービスを用意しているかは店によって異なります。
スーツは、体型や好みに合った物を用意する事で、着た時のフォルムの美しさが大きく変わってきます。オーダースーツサービスは、ユーザーが気に入るスーツを作るのに最適なサービスです。

オーダースーツは着る季節を重視しています

スーツは一年間を通して着用する必要があるので、着る季節を重視することが大事です。
既製品のスーツはサイズが合わなかったり、最適な素材が少ないと感じることが多いため、オーダースーツを注文する人が増えています。
オーダースーツ専門店では、夏用のスーツの場合は通気性、吸汗性、防臭効果の高い素材を取り扱っているので、暑い時期でも涼しく快適に着用出来るのが特徴です。
秋から冬に掛けての時期は、気温が下がってくるので保温性に優れた素材を取り扱っているので、まずはスタッフに相談をすると良いでしょう。
着る季節を重視しているので一年間を通して、着用出来るスーツの製作をしてくれます。
オーダースーツの専門店では時間を掛けて生地を選ぶことが出来ますし、自分のサイズにぴったりの商品を購入出来るので安心です。
高品質で上質な素材を使用しているので、高級感があり上品な印象に仕上げてくれます。
口コミで評価の高い専門店を選んでおくと、適正な料金なので安心です。

オーダースーツの襟やポケットのデザインを指定できるのか

近年、おしゃれな洋服を着たいと考えている方が増えていることから、自分にぴったりなオーダーメイドの商品を購入したいと考える方は多いです。
特に、おしゃれに着こなすことができるとされているスーツを自分にぴったりなサイズのものを作るオーダースーツのサービスは人気となっています。
ですが、このスーツのサービスを利用したことがない方が感じる疑問として、襟やポケットのデザインを自分で指定することができるのかどうかと言うことです。
これを知りたいと言う方に向けて、今からオーダースーツの襟やポケットのデザインを自分で指定できるのかどうかについて説明していきます。
結論を言うと、可能です。オーダースーツはオーダーメイドの商品となるため、自分で作ってほしいと感じるデザインを企業の方に依頼することはできます。
また、大きさや形などを自分の好きな大きさや形に変えることもできますし、色合いを変えることもできるため、おしゃれにスーツを着こなしたいと考えている方は使った方が良いサービスです。

オーダースーツの光沢と柔らかさをしっかり確認

オーダースーツに使われる生地は、繊維だけでなく織り方や柄などでも風合いや特徴が変わってきます。生地選びの際に重視したいポイントはいくつかありますが、光沢と柔らかさは特に重要です。
オーダースーツの光沢は、生地に織り込まれたシルクの量によって決まります。ウールを素材に仕立てた場合、シルクが20%前後なら光沢は程よい上品さになり、ビジネスに着用する際に最適な艶感が出ます。
パーティーやイベントなどで着用する場合、シルクが40%前後含まれると、光沢が強くなり華やかな印象になります。シルクは細くて軽い繊維のため、割合が多くなると生地全体が軽くなり、手触りもしなやかになるのが魅力です。
品質の良い生地は、そもそも柔らかく復元力に優れています。
スーツを指でつまみ、手触りと同時にシワの戻り方を確認してみることをおすすめします。柔らかく適度なコシがある場合、しなやかに曲がると同時に、反発力によるシワの回復が早いのも特徴です。

四季に合わせたオーダースーツ生地の選び方

オーダースーツを作る際には、着る時の季節も意識することが重要です。日本には四季があるため、その季節に合ったスーツを着なければ相手に悪印象を与えてしまう可能性も考えられます。
オーダースーツの生地は、春夏用・秋冬用・オールシーズンの3種類があります。一年を通して着られるものがあるのであれば分ける必要がないと考える人もいますが、夏に着ると暑く、冬になると寒く感じてしまうため季節ごとに合った生地を選ぶことで快適に過ごせます。
春夏用のものは、生地が薄く織り方が荒く軽いのが特徴です。通気性に優れたサマーウール、リネンやモヘアなどの素材が使われていて、特に夏に着るのに向いています。
秋冬用は、生地が厚くきめ細かく織られていて重いのが特徴となります。ウールが主流で、ジャケットの裏に裏地がついていて保温性や保湿性が高くなっています。
オールシーズンは春夏・秋冬で使われる生地の中間で仕立てられています。厚すぎず薄すぎないため、長いシーズンに渡って着ることができます。

オーダースーツを作る時に選べる代表的な柄

オーダースーツを作る際には、柄を入れることも可能です。オーダースーツで選べる代表的な柄としては、シャドーストライプが挙げられます。
一見無地に見えますが、角度や光の当たり方によってストライプが浮き出る柄です。 どんなシーンにも合うのが特徴で、生地全体に上品な光沢があり洗練された雰囲気で、すっきりとスーツを着こなせます。誠実さや論理的なイメージを作れます。
華やかなものが良いという時には、ストライプが向いています。ラインの太さや間隔でイメージを大きく変えることができ、爽やかにも上品にもすることができるのが特徴です。
細かいドットが連なる点線状のピンストライプ、ラインが控えめですのでビジネスシーンにも使えるスマートで落ち着いた印象になります。
鉛筆で書いたような細いラインのペンシルは、輪郭がはっきりと主張するため凛々しく知的なイメージを与えます。
その他さまざまな柄がありますが、使用するシーンに合わせて選ぶことがおすすめです。

オーダースーツでタグなどの表示はどうなっているか

オーダースーツは、タグなどの表記があるのかと気になる人は少なくありませんが、結論から言えば存在しているところとしていないところがあるといいます。
多くの店舗では存在していますが、顧客の要望により着けないなどの場合もあるからです。この時、サイズなどに関して市販品のように記述があるのか気になる人も少なくありませんが、生地や販売店を証明するための物は存在しているけれど、サイズを明記している物はそれほど多くないといいます。
また、生地の糸の太さや利用した生地などの物を明記している物もあるといいますが、全てではありません。基本的に完成したものは安心して使うことができるよう、制作しているテーラーなどについての情報はあるといわれています。
オーダースーツを作ったショップであることを明らかにするためです。
ただしサイズなどが表示されているわけではないことを理解したうえで、納得してから制作を依頼することが大切といえます。

オーダースーツを注文する最適な時期はあるのか

オーダースーツは各自で自由にオーダーする形でスーツを作ることができますから、素敵な雰囲気に仕上げることも可能です。
完成されているスーツを購入するよりも、自分の体にフィットする状態になりますから、仕事をするときに着ることで簡単に素敵な状態になることができます。
どのようなタイミングで注文すればいいのか分からないかもしれませんが、春や夏に着るオーダースーツであれば、12月や1月には注文しておいたほうがいいかもしれないです。
基本的に注文してから数ヶ月程度は手元に届くまでに時間がかかりますから、冬の段階には依頼しておかないと春や夏に着ることができません。
秋と冬用のオーダースーツを作りたいと考えている場合は、6月や7月ぐらいには注文しておかないと、しっかりと季節にあわせて着ることができないはずです。
そのため冬に夏用を依頼して、初夏に冬用のオーダースーツを注文するのがベストな時期だと覚えておけば問題ありません。

オーダースーツの大まかなデザインのみを伝えるケース

オーダースーツは細かなところまで自分の要望を反映させられる点が魅力です。他のビジネスマンとの差別化にも役立ち、自分の個性を出しやすくなります。
一方であまり制作に時間をかけたくないという人もいるでしょう。その場合は大まかなデザインの好みだけを伝えることも可能です。
あとは注文を受けてから専属のデザイナーが仕上げてくれます。少しの言葉で伝えるだけでも満足度が高いものが仕上がります。
いわゆるセミオーダーに該当するもので、自分の要望はイメージという形で反映されるのです。自分であまり考え込みたくない人にとって受付のサービスです。
ただし、必ずしもすべてが要望通りに仕上がるとは限りません。トレードオフの関係であり、ある程度はデザイナーに委ねることになります。言い換えると、それを許容できる場合のみセミオーダーを選択することが得策です。
オーダースーツのサンプルなどを一緒に見ながら、できるだけ要望を多く出しておくとイメージとの乖離を防ぎやすいです。

オーダースーツなら自分に合った採寸でぴったりのサイズが出来上がる

これから社会人として本格的にデビューを控えている場合、少しでも信用されるように身だしなみを常に整えておくことは非常に大切になってきます。
人はまだまだ他人のことを見た目で判断してしまう傾向があるので、第一印象から好意を持ってもらえるようにする為にも、清潔感のあるビジネススーツを何着か購入しておくと良いでしょう。
ただし、なかなか思っていた理想通りのスーツが見つからないと困っている場合には、自分に合った特別なスーツを作り上げてくれるオーダースーツを選択してみることをおすすめします。
オーダースーツを選ぶことで得られるメリットに関しては、採寸をしっかりとしてもらえるので丈が短いなどのトラブルが起こりにくいこと、使用する素材や生地までしっかりとこだわれるので予算内で魅力的なスーツに仕上げることができる点です。
しかし、有名なブランドのオーダースーツを選択する場合には完成するまでに日数を頂くことがあるので、注文するのであれば最低でも仕事を始める3ヶ月前には依頼しておくことが大切になります。

仮縫いの重要性:オーダースーツがあなたにぴったり合う理由

オーダースーツは、着る人の体型、好み、利用シーンに合わせて一から作り上げる特別なアイテムであり、細部にわたってパーソナライズされます。
ただし、初回のボディメジャーによる採寸だけでは、その特異性を完全に引き立てるオーダーメイドには至りません。
そこで重要となるのが、体の動きや姿勢による微妙な差を十分に反映させる「仮縫い」の工程です。仮縫いは、縫製が完了する前に形だけ作られたスーツで一度試着を行い、細かな修正を加える過程のことを指します。
衣服のデザイナーやテーラーは、着用者の立ち姿や歩き方、また動いた際の状態などをしっかりと確認しながら、様々な角度からフィッティングを行い、その状態を詳細に確認します。
この細部の調整こそが、オーダースーツの究極の魅力を引き立て、一人ひとりの体型や好みを際立たせる秘訣となっています。
このような複雑で手間ひまかかる工程を経て、高いパーソナライゼーションと最高のフィット感を実現し、自分だけの最高の一着となるオーダースーツが生まれるのです。
それはまさに、個々の体型や生活スタイルに対する細やかな配慮の結晶であり、オーダースーツの魅力を最大限に引き立てます。

ディテールにこだわれるオーダースーツを作ってみよう

皆さんはオーダースーツを作成したことはありますでしょうか。 多くの方は既製品のスーツを着ている方が多いと思います。 今回はオーダースーツを作るメリットについてお伝えしていきます。
1.自分の体に合わせて採寸ができる。
オーダースーツのメリットは自分の体に合わせて採寸できるのが一番大きなメリットです。
既製品ですと、ズボンの調整は可能ですが、ジャケットの調整が細かいところまで調整できないです。
オーダースーツであればすべて自分の体に合わせることができるので、見た目もすっきりとかっこよく着こなしができます。
2.ディテールにこだわりが出せる。
ジャケットのシャツのボタンなど、細かいディテールにこだわりがだせるのもメリットです。
ボタンにも自分の好みが出せるのは作ったスーツに対しての愛着がかなりでます。
そして大事に使おうという気持ちになりますので、長く利用ができます。
以上がメリットになります。
今回の記事を見ていただき、世界で一つしかない自分だけのスーツを作ろうと思っていただけると嬉しいです。

理想のオーダースーツを作ってもらうにはどうするか

人の体型はそれぞれですから、自分にあった服を選ぶのは簡単ではありません。特にスーツは自分の体にフィットしていないと見た目がよくありません。
もちろん、既製品の中から自分に合ったサイズを見つけることが出来るのであれば、安く購入することも可能です。
しかし、自分の理想のオーダースーツを作ることも出来るでしょう。オーダースーツと聞くと高額なイメージがあるかもしれませんが、最近では数万円から作ることも出来るのであきらめる必要はありません。
自分のスーツを着るタイミングをイメージして、どんなデザインを選んだらいいかを考えることが出来ます。自分の理想を言語化することが大事であり、店員にしっかり伝える必要があるでしょう。
それがもし難しいようであれば、雑誌の切り抜きや写真を用意することも一つの方法です。いずれにしても、オーダースーツを作るなら仕事のモチベーションが上がりますし、業績にも影響してくるのは間違いありません。

オーダースーツの最新情報をもっと

オーダースーツ 富山市

新着情報

◎2023/8/4

情報を更新しました。
>オーダースーツの大まかなデザインのみを伝えるケース
>オーダースーツなら自分に合った採寸でぴったりのサイズが出来上がる
>仮縫いの重要性:オーダースーツがあなたにぴったり合う理由
>ディテールにこだわれるオーダースーツを作ってみよう
>理想のオーダースーツを作ってもらうにはどうするか

◎2022/10/12

情報を更新しました。
>オーダースーツの光沢と柔らかさをしっかり確認
>四季に合わせたオーダースーツ生地の選び方
>オーダースーツを作る時に選べる代表的な柄
>オーダースーツでタグなどの表示はどうなっているか
>オーダースーツを注文する最適な時期はあるのか

◎2021/12/8

情報を更新しました。
>オーダースーツを身につけて印象アップを狙おう
>フルオーダーでオーダースーツを作るにはどうすれば良いのか
>オーダースーツは着る季節を重視しています
>オーダースーツの襟やポケットのデザインを指定できるのか

◎2021/7/12

平織のオーダースーツの印象
の情報を更新しました。

◎2021/4/2

イギリス生地のスーツの特徴
の情報を更新しました。

◎2021/3/15

サイト公開しました

「スーツ 生地」
に関連するツイート
Twitter

今回最適解を見つけたかもしれない。 ややクラシックよりが得意で他店舗展開しており生地が安いオーダースーツ店。それは…

セカスト良いわ…グレーのスーツ買えた☺️(生地ペラッペラだけど😇)

オーダースーツの青い生地、カッコイイなぁ、となってる

コラボカフェのハロウィン衣装お仕立てのために“ガチ”のスーツ生地買いました

パターンオーダーのスーツを初めてお願いしたんだけど生地選びから採寸まで必要でめちゃくちゃに疲れた

Copyrignt(c) 2021 こだわりの詰まったオーダースーツ  All Rights Reserved.